携帯電等に多く使われている電池。

ゆっくり充電、ゆっくり放電させる電気機器に使用される場合が多いようです。

これは1C放電を超えての使用は、電池にダメージをあたえやすい。


弊社ディープサイクルバッテリーに採用している電池

蓄電力(高容量)電池の中でも安全性が高い電池。

3種類のマテリアルを使用してそれぞれの良いところ掛け合わせた電池となっています。蓄電力のある電池から、弊社のディープサイクルバッテリーに採用。軽く・容量のあるバッテリーがこの電池のおかげで成り立っています。


リチウム電池の中でも高いエネルギー密度を保有する電池。

テスラなどのパワートレインに採用される電池。しかし、リチウム電池の中では放電率が高く、サイクルライフも短いのが少しネックとなる。

作動電圧が高い電池の為、電動工具に使用されるケースが多い電池。

3C充電が可能で、急速に充電する事が必要なケースが考えられる電気機器に使用されることが多い。

しかし、リチウム電池の中ではサイクルライフが低い方になる。


弊社スターターバッテリーに採用している電池

蓄電力が他のリチウム電池と比較すると低い。これを電気を貯めて使用するディープサイクルバッテリーに使用すると、大きく重量がかさみます。しかし、高出力な電池なので、エンジンを始動する際の大きな負荷がかかる場合に最適です。また電圧特性もオルタネーターの通常電圧に対応できる電圧範囲となっています。


充放電のレートも高いレベルで可能。サイクルライフも通常のリチウム電池の3〜5倍ほどもある電池。しかし、作動電圧が低く蓄電量やパワーに見劣りする部分がある。しかし、とても高いライフサイクルと安全性から三菱やホンダも採用している電池。コストは非常に高いです。