YAMAHA YZF-R1(2009)、タンデムシート内にカットボックス取付け

2009年式 YAMAHA YZF-R1にカットボックスを取付けしました。

 

スーパースポーツ車両へのカットボックス取り付けの要望は非常に高く、接続配線の長さを指定できるようになったことでさらにお客様からのご満足の声をいただいております。

 

2009年式のYZF-R1の場合は、

カットボックス スタンダードモデル40cmで取り付け可能です。

 

※スタンダードモデルの接続配線は黒色となります。

写真の厚被膜の青色配線をご希望の場合はオーダーモデル・40cm・青色配線をご指定ください。

 

バッテリーからシートカウル後方への配線の取り回しも簡単に行えました。

 

バッテリー周辺もスペースがあり、車体からのマイナス配線の接続も余裕があります。

 

ETCの横にカットボックスを設置。タンデムシートを取り付けても干渉せず、完璧なポジショニングが実現しました。

 

今後も様々な車両の取付け情報を提供していきます。

公式ツイッターでも取付け情報をを公開しています。

是非、ご覧ください。


Kawasaki ZX-10R(ZX1000D)、タンデムシート内にカットボックスを取付け

Kawasaki ZX-10R 2006年式(ZX1000D)

EVOTECバッテリーカットボックスを取付しました。

 

カットボックス第2世代。

配線の長さを指定できる為、特にスーパースポーツやツアラーバイクにも対応できるよう進化しました。

 

今回はカワサキ ZX-10R 2006年式。

国産のスーパースポーツは何年経ってもその運動性能は一級品。

現在も高値で取引されています。

 

この年式の10Rも個性的な顔立ちで今も人気です。

ETCとカットボックスがタンデムシート下にしっかりと収まりました。

 

配線長は60cm。

ほぼベストな長さとなりました。

カットボックス オーダーモデル60cmです。

 

ちなみに小型のリチウムバッテリーを搭載している場合はバッテリーの搭載位置を後方にもってくる必要があります。

配線の取り回しも参考になればと思います。

 

この車両の場合、メインシート横のサイドカウルを外し、中央のボルトを外すことでバッテリーにアクセスできます。

バッテリーのメンテナンスを行うには結構手間取ります。

 

今回でバッテリーメンテナンスの手間が大幅に軽減しました。

高価なリチウムバッテリーも上げずに何年も使用できることになりお客様も満足しておりました。

 

リチウムバッテリー搭載の場合は充電電圧の管理も忘れずに行ってください。

続きを読む

シートカウルで手軽にマイナス配線をカットする バッテリーカットボックス

第2世代型となるバッテリーカットボックスが発売となりました。

 

おかげさまで全国のお客様よりお喜びの声を頂いております。

ありがとうございます。

 

現行のカットボックスは、

●配線長を10cmから40cmまで指定できるスタンダードモデル

●配線長を100cmまで指定、配線の色を指定できるオーダーモデル

以上の2種類の展開となっております。

 

オーダーモデルを設定することにより、バッテリーへのアクセスが非常に困難な車両にも対応できるようになりました。

特にスーパースポーツ車両ではバッテリーがバイクの中心に搭載されているため、30cm配線のカットボックスでは手軽にカットできるのは良いが、シートを外すのが手間・・・。

という簡単そうに見えて非常にめんどくさくて絶対にやらなくなるバイク乗り特有の・・笑

 

上記の問題をバッテリーカットボックスが解決します。

シートカウル内にカットボックスを搭載します。

 

デモ車の2008年式YZF-R6にカットボックスを取付け。

平型配線の為、シートカウル内に通すのも特に問題ありません。

※車両によっては接続部分が車両に接触します。無理に通そうとして配線、車両部品の損傷に注意してください。

 

配線長は50cmを使用しています。

使用バッテリーはEV-240です。

重要なのはカットボックスダイヤルを簡単に回せることです。

無理に狭い位置に搭載するとハンドルがしっかり回せない、干渉して緩んでしまう等の弊害が生じますのでご注意ください。

 

ETCカードの取り出しとカットボックスへの接続が容易となりました。

シートカウルからのバッテリーメンテナンスが可能。バイク乗りにとって最高の保管が可能となりました。(バイクは乗りましょう)

 

重要:現在のバイクにおいて、走行後→イグニッションをオフ後、ECUが作動している場合があります。

走行後すぐにカットボックスをオフにした場合、上記機能が失われ、次回走行時にエンジンの掛かりが悪い、アイドリングが安定しない等の症状が起きる場合がございます。

カットボックスをオフにする際はすぐにでは無く、数時間後にオフすることをお勧めします。

続きを読む

CUT BOXのオーダーメイド

弊社のオリジナルカットオフスイッチの本体材料である銅が高騰のあおりを受けて、バックオーダーとなっておりましたが、この度本体材料を変更することなく、発売の目途がたちました。

一時期は銅製品にする事をあきらめようとしましたが、材料を提供してくださる加工会社を発見でき、発売する事ができました。

銅は通電の良さはもとより、耐食性にも優れた材料です。車両に長期使用してくださるにはもってこいの材料です。


今回は、多くのご意見を頂いていた、配線の長さを選択いただけるように設定いたしました。

スタンダードモデルとオーダーモデルを設定。

スタンダードモデル 2本配線の長さを10cm〜40cmの長さで指定できます。(10cm刻み)色は黒のみです。

オーダーモデル 2本配線の長さを10cm〜100cmの長さで指定できます。(10cm刻み)また、色も黒・青・赤から指定できます。

 

 

 

 

 

配線もフレキシブルに可動可能な銅平型配線を今まで通り採用しています。

狭い箇所等を気にせずに、任意の箇所に設置可能に一役かっています。軽くフレキシブルなので、両端の端子にもストレスを与えず、端子の緩みにつながる事も少なくなると思われます。

 

 

 

あなたのオリジナルカットオフスイッチ作ってみてはどうでしょうか?

続きを読む

フレキシブル配線、可とう性のメリット!

弊社のカットオフスイッチ配線として採用している平網銅線。

通電の良さだけで採用しているわけでは無いのです。

画像のように、折り曲げる事も可能で任意の場所に取り付けられるのです。この場合180℃折り曲げてアースを落としています。

この平網銅線1本の耐電流値はおおよそ120Aです。これを2本重ねて使用しています。240A対応という事です。

平編銅線の良いところは上記に挙げた事だけではありません。

柔軟性に優れているので、車体の振動を吸収するため配線接続箇所のストレスが少なくなります。

また、表面積が大きいので放熱性にも優れています。


続きを読む

CBR1000RR SC57にカットボックス取付け

ホンダ CBR1000RR SC57 レプソルカラ―にEVOTECバッテリーカットボックスを取付け。

 

まるで純正品のように違和感無く取付けされています。

シートカウルを外すことなく難なくバッテリー管理が可能になりました。

 

バッテリーもEVOTECリチウム EV-240搭載で今後バッテリーに泣かされることは当分無くなることでしょう!

 

埼玉県越谷市のバイクショップ・モトショップウイング様から提供いただきました。

ZRXダエグへのカットボックス取付が皆さまより賞賛いただきましたが、そちらもウイング様が取付けしました。

20台以上のカットボックス取付け実績を持ち、最適な取付け位置を提案できます。

是非、ご相談ください。

 

 

協力店舗:EVOTEC取扱販売店

モトショップ ウイング

埼玉県越谷市大房755-7

TEL:048-977-6222

http://www.motoshopwing.com/

続きを読む

冬支度 SUZUKI GSX1300R 編

季節外れの台風が過ぎ去り、あったかいなーと思っていたのもつかの間、風が冷たくなって冬の到来を予想される季節が来ました。

こう気温が低下してくると、バイクが好きな方でも乗られる頻度が少なくなってくる事でしょう!!また、全然乗らなくなってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

 

冬場にバイクを乗らずに、温かくなっりいざ乗ろうとした時に、バッテリーがあがってしまっているなんて経験された方も多いのではないでしょうか!?

それは、前回のブログでも紹介した、鉛バッテリーのサルフェーションという現象で、バッテリーの能力が著しく低下する現象です。

これは、バッテリーの放電時に電極版表面に形成される被膜のようなものですが、これが悪さをします。通常充電という作業が、このサルフェーションを溶かしくれるわけです。

 

しかし、バイクの保管中は充電器で定期的に充電をしてあげないと、決して充電はされません。

放電されるのみです。前述したサルフェーションが、形成されたままの状態が続くという訳です。

 

そこでこの隼は、バイク用バッテリーキルスイッチ EVOTEC CUT BOXを装着しています。

リアシートに収めているのですが、前方20cm程にバッテリーは装着されています。CUTO BOX専用配線でリアシートまで延ばして本体を設置して、カットを容易にしています。

*埼玉県川口市 BLAZEさんの作業ですが、とてもきれいに設置しています。その他車両も多くカットボックス装着実績がありますので、ご相談をしてみてください

 

 

 

しかし、CUT BOX(カットスイッチ)装着で、全く放電しなくなったわけではございません。

鉛バッテリーは、自己放電もしてしまいます。

車両に装着していなくても、鉛バッテリーは自己放電してサルフェーションを起こしてしまうのです。

続きを読む

お喜びの声を頂きました。EVOTECバッテリーカットボックス

お客様よりお喜びの声をいただきましたのでご報告します。

 

リチウムバッテリー購入後、もしものときの為に弊社製品・バッテリーカットボックスを購入。

もともとあまりバイクに乗る回数が少なく、今年はついに1度もバイクに乗っていなかっととのことです。

 

まる1年放置したバッテリー。カットボックスをONにしてイグニッションを回す・・。

ヨシムラ電圧計は12.6V。若干の誤差はありますが、セルを回すには十分な電圧を保っています。

1発目のセルは回りませんでしたが、2.3回セルボタンを何回か押して通電させると見事にエンジン始動!!

 

本来ならバッテリーを外して充電やらなにやらでようやく準備完了のところが、EVOTECバッテリーカットボックスのおかげでシートを外してダイヤルを回すだけでバイクに乗ることができました。

バッテリー上がり厳禁の高額なリチウムバッテリーも壊さないで済んで本当に助かりました。

本当にありがとうございます!

 

と、感謝のお言葉を頂きました。

こちらこそご報告ありがとうございます!!

 

リチウムバッテリーの放電率の低さに驚きを隠せない様子でした。

鉛バッテリーの場合は放電率がリチウムに比べて高いので上記のようには行きませんが、完全な放電は防げると思います。

 

朝も肌寒くなり、そろそろ冬眠のこと考える季節でもあります。

是非、弊社製品「バッテリーカットボックス」をご検討ください!!

 


KAWASAKI ZRX1200ダエグにバッテリーカットボックス取付け

KAWASAKI ZRX1200ダエグにEVOTECバッテリーカットボックスの取付けました。

バッテリーへのアクセスが簡単ではない為、気付かない内にバッテリー上がりを起こしている場合が多いです。

シートを外せば手軽にカットボックスにアクセスできるようになりました。

平型配線で狭いところもスムーズに取付け。

車載工具も問題無く設置できバッテリーの長寿命化に貢献です。

 

協力店舗:EVOTEC取扱販売店

モトショップ ウイング

埼玉県越谷市大房755-7

TEL:048-977-6222

http://www.motoshopwing.com/


ハーレーダビッドソン ’73 ショベルにEVOTECカットボックス取付け

ハーレーダビッドソン 1973年式 ショベルヘッドにカットボックスを取付け。

 

キック始動のみの車両でバッテリーへの負担はセル付きよりも低いですが、点火についてはバッテリーの電力を使用するため電圧が降下するとエンジン始動が非常に困難になります。

 

容量の小さなバッテリーを搭載する分、電圧の降下が早い為、ちょっとでも放置すると結構始動が大変になります。

 

バッテリーは+と-が繋がっているだけでも微量に電力を消費します。

EVOTECカットボックスで手軽にマイナス端子をカットすればバッテリーの寿命をさらに長くすることが可能です。

 

セル始動のハーレーダビッドソンはクランキングに非常に大きな電力を使うため、少しでも電圧が落ちているとエンジン始動が難しくなります。

EVOTECカットボックスならハーレーダビッドソン含むビッグボアツインエンジンにも対応。エンジン始動の悩みを手軽に解決することが可能です。

 

 

協力店舗:EVOTECエヴォテック取扱い販売店

クラブゼニス

千葉県船橋市宮本9-10-1

TEL:047-495-8198

https://www.c-zenith.com/


EVOTEC エヴォテック バッテリーカットボックス取付け事例 BMW R100GS 1985年式

往年の名車、1985年式のBMW R100GSにEVOTEC バッテリーカットボックスを取付け。

BMWやハーレーダビッドソン等、ビッグボアのツインエンジンはバッテリーのコンディションが命です。

少しでも電圧が落ちるとエンジン始動に支障をきたします。

 

そこで弊社のカットボックスです。

バッテリーにシビアなツインエンジン車両も写真のように取付けできれば日々のメンテナンスがさらに楽になるでしょう!

 

車両オーナー様にも非常に喜んでもらえて満足しております。

EVOTEC取扱販売店でもある、千葉県野田市のアールズ様は数少ないオールドBMW専門店です。

クラシックBMWでお困りの方は是非相談してみてください。

 

 

 

協力店舗:EVOTECエヴォテック取扱販売店

(有)アールズ

千葉県野田市柏寺493-1

TEL:04-7120-7665

classic-bmw.heavy.jp


EVOTEC バッテリーカットボックス取付手順のご紹介

●EVOTECオリジナル商品、バッテリーカットボックス。

手軽にバッテリーのマイナス接続をカットし、バッテリーの長寿命化を実現する商品です。鉛バッテリー、リチウムバッテリー問わず取付け可能です。

おかげさまで全国のお客様よりご好評を頂いております。

 

バイクへの取付け方法についてお問合せが多くございますので、改めてバッテリーカットボックスの取付け方法をご紹介します。


●EVOTECバッテリーボックス取付手順

1・車両に取付けられているバッテリーの端子を外します。

マイナス端子を外してからプラス端子を外します。

※本製品はマイナス配線とマイナス端子に接続する製品ですが、プラス端子をバッテリーに接続したまま作業しないでください。ショート等の危険がある為、必ずプラス端子も外してください。

2・EVOTECバッテリーカットボックスの本体と配線を仮組みします。

搭載時、カットボックスと配線の位置調整する際にネジを軽く固定しておくと楽に調整できます。

3・車体から出ているバッテリーのマイナス配線とカットボックスの片方の配線を繋げます。

※注意!バッテリーから直接電源を取っている電装パーツの配線がある場合もマイナス配線とカットボックス配線に繋げてください。

社外の電装パーツの配線をバッテリーのマイナス端子に直接接続した場合、カットボックスをOFFにしても通電状態になり、カットボックスの効果が無効となりますので注意してください。

続きを読む

MV AGUSTA F4にEVOTEC CUT BOX(バイク用キルスイッチ装着)。

車両購入時にバッテリー充電器がもれなく付いてくる!というバイクのMV AGUSTA。国産車では考えられないかもしれないが、本当のはなしらしい。

今回の車両ではないが、MV AGUSTAではバッテリーにアクセスするのにタンクを外すしかない車両もあるようで、それを回避するために、シート下に専用充電器を接続するカプラを用意し、充電器でメンテナー充電を定期的にするようにしているらしい。

しかし、充電ができる環境化が確保出来る人は良いが、できない人はどうすれば????このオーナーさんは、1週間で上がってしまうとの事。

毎回ジャンプスタートで起動!?これも、バッテリーにたどり着くまでが一苦労の車種もあり、またバッテリーにも決して良くない!!!!!

 

そこで、バイク用に開発した、CUT BOX(バッテリーカットオフスイッチ)を取り付けました。

取り付け時の電圧は、既に11.59Vで12V切ってしまっていました。

 

マスター純銅で制作してます。高い電流が流れても対応できるように作っています。

付属している配線も平らな配線を使用し、ある程度自由がきくようになっています。もちろんこの配線も高い電流に対応しています。

バッテリーあがりにお悩みの方、参考にしてみてください。

 

続きを読む

EVOTECバイク専用 バッテリーカットオフスイッチのご紹介

・バイクシーズンもピークを迎え、それと同時にオフシーズンのバイク管理についても考える時期になりました。

・10月に入り、お問合せの数もまた増えてきましたので改めてご紹介致します。

・弊社オリジナルアイテムのひとつ、

EVOTEC バッテリーカットボックス。

バイク専用設計された、バッテリーカットオフスイッチです。

・バッテリーを長く使う秘訣はまずは上げないこと。もっとも電気を消費しない方法は車体との接続を止めることです。

・これが簡単なようで難しい。(というか面倒くさい)

・多分大丈夫だろう、と放置し結果乗りたいときに乗れない・・。という経験をした方も多いと思います。

・エヴォテック バッテリーカットボックスはマイナス端子を外すということを手軽に可能とした単純なアイテムです。

・単純ですが、もちろん中身にはこだわっています。

・スイッチ本体のマテリアルは純銅。高い通電率を誇り、取付けによる通電ロスを最小限に抑え、連続したクランキングでも接点不良を起こしにくく、ロングライフで使用可能です。

・ちなみに自動車用でよく販売されているカットオフスイッチは色々な金属化合物で形成されている為、クランキングが多い車両での接点不良によるエンジン始動不可の報告を良く聞きます。

 

・約30センチのハーネスについても瞬間で200Aの電流が流れても対応できる容量を確保。あえて平型を採用することで車両内部のカウルの隙間に通し易くしています。

・スイッチマスターのハンドルも適度なサイズにすることでスイッチON・OFFの操作性を上げています。

・スイッチマスターの取付けは両面テープで固定するよりもマジックテープ等で外せるようにするとより操作性が上がります。

・工夫次第でシートを外すだけでバッテリーの通電を止めることも可能とします。

・マンション住まい等でバイクに直接充電器を付けられない、複数台車両があり管理が面倒という方にもお勧めです。

・高価なバッテリーを長く使用する為に最も重要なアイテムといえるでしょう。

・リチウムバッテリーと合わせて装着すれば、春先にはバッテリー充電いらずでバイクに乗り出せます!

 

続きを読む

バッテリーに過酷なバイク!?V-MAX1200にリチウムバッテリー搭載&カットボックス装着!!

V MAX 1200にお乗りの方は一度はお悩みななられたと思います。

 

①バッテリーの寿命がとにかく早い!!

②ファンが回り始めると電圧が低下して、エンストしてしまう。

いくつかご意見をいただきましたが、この2つが多くご意見頂きました。

 

検証を行いました。

 

まず、この車両の標準バッテリーは、開放式のバッテリーを使用しています。YUASA YB16AL-A2がその品番に相当しますが、かなり大きいバッテリーを使用しています。

開放型のバッテリーは、密封型と比べると体積が同じ場合、蓄電容量が少なくなってしまうという弱点があります。また、充電が進む過程で、液が電気分解されて水分が失われるため、適度に給水(希硫酸)が必要になります。

 

このV-MAX1200のお客様も、乗らない時期は、トリクル充電器でメンテナー充電を行い、管理していましたが、バッテリー液がLOWER LEVELの半分以下にまで減ってしまい、1年ほどでバッテリーが使い物にならなくなってしまいました。

かと言ってメンテナー充電をおこわなければ、バッテリーが上がってしまいバイクに乗れないなど悩まされていたとの事です。

 

この車両の充電電圧を確認しました。アイドリング時で13.0V程、4000回転程で13,5V程になる状態で、充電電圧は低めだと分かりました。

 

ただでさえ、充電容量の少ない開放型のバッテリーにも関わらず、充電電圧も高くない車両ということで、V-MAX 1200はバッテリーには過酷なバイクと言えるでしょう

 

そこで2つの策を投じました。

 

①リチウムバッテリーを搭載

エネルギー密度の高いリチウムバッテリーを搭載することにより、始動性の向上と電圧のドロップを防止させます。

 

②保管時の電圧降下を防ぐ為に、カットオフスイッチ(弊社商品名 CUT BOX)を装着。

弊社のカットオフスイッチのCUT BOXは2輪用に開発されています。小さく設計された本体に、自由と協力な電流に耐える専用コードのセットです。このV-MAXのようにバッテリーへのアクセスが難しい車両には、もってこいの商品となります。

 

エンジン始動性も上がりなかなかいい組み合わせかもしれません。

 

 

 

協力店舗:EVOTECエヴォテック リチウムバッテリー取扱販売店

(有)ウィンズ

茨城県石岡市国府5-9-11

TEL:0299-24-4414


KAWASAKI Z1100R ローソンにEVOTEC リチウムバッテリーEV-360とバッテリーカットボックス取付け

KAWASAKI Z1100RローソンにEVOTECリチウムバッテリーとカットボックスを取付けしました。

バッテリーサイズはEV-360。容量は10時間率で20A以上の大容量でありながら1330グラムという軽さを実現しています。

大容量・高性能セルのおかげで他のリチウムバッテリーよりさらに強力なセルの回りを体感できます。

 

数か月車両に乗れない期間があるとのことで、EVOTEC バッテリーカットボックスも装着。

完璧な組み合わせです。

これで乗りたいときに乗れない・・というバッテリー関係で悩まなくて良くなって安心しました!と、お客様にも大変満足頂きました。

 

今回協力頂きました、茨城県守谷市のカスタムショップ・TOP END様ではZ1000J/Rに対応したリチウムバッテリーケースも販売しています。是非、ご相談ください。

 

 

協力店舗:EVOTECエヴォテック リチウムバッテリー取扱販売店

TOP END

茨城県守谷市立沢994-3

TEL:0297-21-6075

http://www.top-end.jp/


EVOTEC エヴォテック バッテリーカットボックス取付け事例 KAWASAKI FX400R レーサー

日光チャレンジロードレースに参戦中のKAWASAKI FX400RのレーサーにEVOTECカットボックスを取付けました。

オフシーズン中等、走らないときはめっきり走らないレーサー仕様の車両はついうっかり動かそうとするとバッテリー上がり・・という話を良く聞きます。

走行に支障をきたさない位置、管理しやすい位置にうまく収まっています。

 

マイナス端子を外すことは難しい話では無いですが、カウルを外すのが手間だったりと、結構バッテリーを上げてしまう事例は多いです。

そんな問題をEVOTEC バッテリーカットボックスは解決します!

 

高価なリチウムバッテリーを長く使用する秘訣は車両を動かさないときは通電を止めること。

繋がっていないリチウムバッテリーの放電率は約1%~3%/月。

鉛バッテリーの放電率は約30%/月。

 

リチウムバッテリーはもちろん、バッテリー購入時にEVOTEC バッテリーカットボックスの導入もご検討下さい。

 

 

協力店舗:EVOTECエヴォテック リチウムバッテリー取扱販売店

Nots Garage

埼玉県三郷市東町369

TEL:048-948-7597


EVOTEC エヴォテック バッテリーカットボックス取付け事例 HONDA VFR750 RC45

希少車、HONDA VFR750 RC45にEVOTEC エヴォテック カットボックスを取付け。

シートカウル下部の小物入れスペースに効率よく配置されたカットボックスです。

複数台所有のオーナー様は他の車両にもエヴォテック カットボックスを取付け頂いていおり、この商品に大変ご満足頂いています。


EVOTEC エヴォテック バッテリーカットボックス取付けHONDA NSR250

センス良くカスタムされたHONDA NSR250にカットボックスを取付け。

シートカウルをカスタム。その弊害がバッテリーへのアクセス。

シートカウル下部にエヴォテック カットボックスを取付けることによりバッテリー交換の頻度を極端に下げることが可能となりました。

カットボックス取付けの参考にしてください。


KAWASAKI ゼファー1100 EVOTECカットボックス取付例のご紹介

お客様よりゼファー1100にEVOTECカットボックスの取付が可能かどうかのお問合せを頂きました。

バッテリーの側面にカットボックスを収めるスペースがあるので車両からのマイナス線をボックスマスターに直付けして取付けました。

スイッチ操作時も持ち上げて操作できるので楽です。

この車両の場合、シートを外すだけで比較的簡単にバッテリーにアクセスできる為、カットボックスなんて不要では?と思われがちですが、実際夜にツーリング等から帰宅してドライバーを持ってきてマイナス端子を外す・・意外とおっくうなものです。

これから本格的な夏を迎え、バイクに乗りたいけど暑くて結局秋まで乗らないという方も多いと思います。

是非EVOTECカットボックスで簡単バッテリーメンテナンスをしてください。