RENAULT メガーヌ3 RSにEVOTEC EV-1260を搭載

NISSAN GTRの整備に名高い、緑整備センターさんのルノー メガーヌ3 RSデモカーに、弊社のリチウムバッテリーEVOTEC EV-1260を搭載テストを開始しました。

このメガーヌRSはマニュアル車でありながら、アイドリングストップ機能を備えています。

アイドリングストップ車の場合、バッテリーにとっては大変過酷な環境と言えます。

アイドリングストップ車は、急速な放電と充電を繰り返し行う事になります。このメガーヌの場合は、ブレーキを掛けた時に、バッテリーに急速充電を行うようです。急速充電に強いとは言えないリチウムバッテリーは、使用できるのか?この難題に対応すべくテストを行いました。

 

まず、緑整備センター様がロガーで電圧を測定して頂きました。一般道走行時、サーキット走行時、ブレーキ制動時等の電圧を全て測定。一番高い電圧は14.8Vを示したようです。

通常のリチウムバッテリーの最大充電電圧は、14.6Vです。これでは、過充電になってしまう可能性有りです。他社のリチウムバッテリーで過充電になったという事も聞いています。それも仕方がない、リチウムバッテリーには厳しい環境と言えます。

 

弊社のグリーンラインモデル(EV-1260/EV-12100) リチウムバッテリーは”街乗り車にも使用できるスターターリチウムバッテリー”をコンセプトに開発しました。

1)電池の容量も大きく!

2)過充電に対応すべく、最大充電電圧15.2Vまで引き上げ!

3)過放電に対応すべく、過放電保護キルスイッチを内蔵!

4)リチウム電池の電圧降下時にクランキングを補助する、クランキングアシスト機能付き!

このような改良をしてきました。この改良が、アイドリングストップ車に対応できればと期待してます。

 

緑整備センター様の協力を得て、今後もリポートさせていただきます。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください