バッテリーってほっとくとヘソ曲げます!!リチウムイオンバッテリーバイク編


リチウムバッテリーバイク用の紹介

リチウムバッテリー屋さんがリチウムバッテリーバイク用をあげてしまいました!!

と言ってもわざとあげました..........いい訳ではありません。

ほっとくとどれくらいであがるのか知りたくなりました。

 

5月のサーキット走行から月一でバッテリーの状況を確認し、9月までは1発始動できていたのが、10月すっかり忘れていて、本日始動・「ギュル・・・・ギュル・・・・」あがっている!

という事で電圧をチェック!!

9.86V!!!!!完全にあがっています。

ちなみに私のバイクはYAMAHA MT09 バッテリーは弊社のEV-240を使用しています。

約半年であがってしまいました。その間は、月一のバッテリー始動と少しだけのアイドリングで、充電はされずほとんど放電のみの状態でした。

放電!!というとこのバイクどのくらいの暗電流が流れているかチェックです。

私のバイクは、サブコンが付いいているのと、イモビで19mAほど流れているようですが、イモビは時間が経つと省エネモードではないですが、もう少し落ちつのかしれません。


みなさんご自身のバイクのリチウムバッテリーがこのようになったらどうしますか?

①奇跡を待ってクランキングしまくる!

②面倒なので、ジャンプスタート!!

③鉛バッテリー充電器で充電!!

④リチウム専用充電器で充電!!

.......④以外は間違いなくバッテリーがお亡くなりになります。④でも放電状態によっては、バッテリーの電池が損傷している場合があります。④で充電しても、バッテリー自体を確認し、バッテリー自体が熱くなる場合は、充電を止めてください。電池が損傷しています。




リチウムバッテリーの9.86Vという電圧は、残り2%しか余力がない状態という事です。

このような状態の場合、やさしくしてあげてください。絶対に上の①~③行為でダメを押さないでください。

ゆっくりと充電し、復活するのを待ってあげてください。優しくしてあげると復活します!!バッテリー内のバランス基板が、充電率80%に調整の13.4Vです。

これから寒い時期に突入です。バイクを乗る機会が減ると思いますが、今一度バッテリーを点検してみてください。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください