車の軽量化のコストパフォーマンス!!

千葉県市川市にある、BMW・VOLVOなどのパーツ販売から整備を手掛ける、Bitteさんに訪問。

BMW CUPや耐久レースなどでBMW318isで参戦しているAさんと雑談!!

最近、「筑波サーキットでE92 M3と良い感じで張り合えるようになってきた!!」と言う。

 

●ガラスの軽量化→ポリカーボネイトに変更 

●ボンネット、トランク軽量化

●シート交換

etc

 

軽量化でE92 M3と張り合えるようなったが、費用は確かに凄い事になっていたらしい!!

しかし、リチウムバッテリーの変更を考えていた!!もう少しの軽量化を計画しているとの事。

そこで弊社EV-480リチウムバッテリーの重量に愕然!!1.9kg弱..........!!!!!

純正鉛バッテリーの重量 17kg

約15kgの軽量化。

弊社リチウムバッテリー EV-480は、\39,800+DIN端子 ¥2,200

\42,000(税別)で15kg軽量化は決して高くないはない!!!

だけど、リチウムバッテリーはネガティブな事を良く耳にするとの事。「どうなの????」

 

確かに、鉛バッテリーのようにアバウトに使用できる物ではありません。

車の充電状態(オルタの状態)に大きく左右されます。

オルタが弱っている車や、ジェネレーターが電圧を抑えられなくなっている車、暗電流の大きい車、放置状態になる車には向きません。

 

ただ逆に、車の発電機の状態を確かめて、カットオフスイッチ等を付けて、リチウムバッテリーを過放電、過充電にならないようにすれば、長ーくご使用いただけます。

そこでリチウムバッテリーを長くご使用いただいける事をご紹介。

 

埼玉県のROVER MINI専門店 DEEPさん

弊社から色々なタイプのリチウムバッテリーを購入頂いています。

4年程まえからリチウムバッテリーを搭載していたMINIのレースカーは、ただキルスイッチを付けて、乗らないときはキルスイッチでバッテリーの放電を防いでいただけとの事です。

今回は、5年目を迎えるリチウムバッテリーがいつ使用できなくなるか不安の為、弊社新タイプのEV-480を搭載しました。

 

オルタの状況を把握(過充電や供給電圧の低下)して、過放電させなければ、とてもコストパフォーマンスの良い軽量化ですよ!!との事です。

 

取材協力

EVOTECリチウムバッテリー取扱店

 

ビッテモーターワークス/(株)ビッテ
千葉県市川市福栄4-13-6

TEL 047-307-5601

http://www.bitte-mw.com

 

(有)DEEP

埼玉県さいたま市岩槻区浮谷2930

TEL 048-791-7755

http://deep-mini.com


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください