最新機器装着のRangerボートにリチウムバッテリー装着

10月15日の日曜日に開催された大会にて、Rangerボートで出場されたSさんからEVOTEC SE-12750 リチウムディープサイクルバッテリーの搭載レポートが届きました。

このRangerボートもさることながら、搭載されている機器がまたすごいです。

 

搭載エレキ

MINN KOTA URTREX ULTREX 112 36Vのエレキです。

機能はいろいろ。GPSを利用したボジショニングの確保から自動操縦が可能とか!!!

カタログの商品説明を見てますが、とにかくすごそう!!

バッテリーの立場からですと、止まっている時も電気使用するんですか!?と聞きたくなるほどです。

SE-12750 リチウムバッテリー×3台で対応

魚探

HUMMIN BIRD HELIX 12×1台

HUMMIN BIRD SOLIX 15×1台

360度ソナー 装着

 

この魚探は前方に設置されているます。とても綺麗な画像。またソナー装着でより、電力消費が激しいそうな魚探です。

SE-12750 リチウムバッテリー 1台で対応。

 この魚探以外に運転先にもう1台の魚探を搭載。この魚探はクランキング用の鉛バッテリーで対応。

上記36Vのエレキ1台と魚探を2台に、EVOTEC SE-12750を搭載して大会に参加されました。

115Ahの鉛バッテリー4台をリチウムバッテリー4台に変更されると、およそ80kgの減量となります。この減量がもたらすボートへの影響は!?吉とですのでしょうか?

また、消費電力が多くなったと思われる、最新機器でリチウムバッテリー75Ahで対応できるのか!?みてみましょう!!

エレキ用 3台 魚探 1台 クランキング+魚探 1台 予備バッテリー 1台

合計6台 

115Ah 5台 

ディーゼルエンジン始動用バッテリーを使用 1台

魚探2台の初期使用電流値です。5A程ですが、完全に動き出すともう少し電流値が増えそうです。おおよそ7A程でしょうか?

 

この電流値が流れ続く状態です。


魚探2台の測定値です。

午前9:52スタート

電圧:11.1V

魚探電圧表示は、バッテリー直測定電圧よりも低く表示されます。

約2時間経過

電圧:10.6V

 

約4時間経過

電圧は:10.2V

約5時間経過

電圧は9.8V


約6時間30分経過

電圧:9.8V

約7時間経過

電圧:9.7V

約8時間経過

電圧:9.5V

約9時間経過

電圧:9.5V


魚探2台はおよそ9時間程作動してましたが、75Ahのリチウムバッテリー難なく作動してたとの事です。

エレキ用は測定値が無いのですが、終了時にバッテリー1個の電圧を測定され、1個全てが11.8V

だったとの事です。

 

魚探はそれほど多くの電気を残している状態では無いですが、電圧の落ち込みもなく完走したようです。エレキに関しては、風も少なくエレキを酷使した事も無かったようです。またボートという事で、エレキのみ移動ではないので、多くの電圧を残したのだと思います。

今回の釣行で一番体感されたのが、バスボートの走行時の変化だそうです。

80kg程の減量により、波を潰して走行するイメージのRangerボートが、波の当たりを受けても衝撃が激減し、走行安定性が増したとの事です。

またトップスピードも3~4kmほどアップして、とてもビックリされたとの事でした。

このような体感の変化は今まで無かったようで、「いい意味でボートのセッティングが必要になりました。」と体感レポート頂きました。

 

S様の詳細レポート感謝いたします。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください