エアボートもリチウム化!

エアボートは船尾に設置されたプロペラ駆動し動力として動く乗り物です。

アメリカではポピュラーな乗り物だそうですが、日本では災害救助等にも使用されているそうです。

近年でいうと数年前に茨城県を襲った豪雨。その時起こった川の氾濫による洪水時に、救助用としても活躍したボートです。

 

通常は、車のエンジン等を搭載し動力として製作されるものなのですが、コンパクト・軽さを追及する事となり、駆動電源もモーターで開発する事になったようです。

(エアボート製造 (株)フレッシュエアー 様 協力の元取材)


山中湖湖畔に隣接しているガレージで開発されているエアボート。開発中のボートをテストするには、なんとも便利な立地条件に加え、とてもきれいな風景で、天気の良いときは富士山も目の前で一望できるらしいです。(今回は曇っていて残念!)

 


最初は鉛バッテリーでテストしたそうですが、重くてだめだったそうです。

1個で20kg弱減量できるリチウムバッテリーですので、4つで80kg弱の減量です!!!

成人の男性一人分に匹敵する減量です。

このボートを男性なら2人で運べるぐらいまで軽量化できているようです。

2人で運べるなんて、とっても画期的です!!!!

 

弊社リチウムバッテリーSE-12750を4つ使用してテスト開始しましたが、推進力を増やすためにモーターを大きくした為、新しく発売した、SE-121000の100Ahリチウムバッテリーに変更して今後開発が進みます!