Power Box-小型蓄電バッテリー発売

小型蓄電バッテリーの開発

ご意見を頂いた事がきっかけで製作に取り掛かりました。

どんな意見を頂いたかというと、「魚探用に鉛バッテリーを使用していますが、直ぐに容量が低下して使えなくなるんです!!」というご意見でした。これは、鉛バッテリーの特性によるものです。

以前、鉛バッテリーについて掘り下げましたが、どうしても鉛バッテリーは放電深度が深まると酸化してしまい容量低下を招きます。

ディープサイクルバッテリーはまだましですが、バイク用の鉛バッテリーをご使用されている方は直ぐに容量低下をおこし、使用できなくなります。これは鉛バッテリーを使用している場合はどうしようもない事です。

ましてや魚探用のバッテリーの場合、20Ahや30Ahのバッテリーを使用している場合が多いようです。魚探一台の使用電流が3Aだとしたら、約10時間ほどで容量が無くなって、放電深度は100%となり電気が全く残ってない状態となります。

これでは、毎回の釣行でバッテリーにダメージを与えに行くようなものです。

そこで今回は30Ahのリチウム蓄電バッテリーを作成しました。

容量測定結果


今回開発した蓄電バッテリーの生命線は、やはり容量です。

鉛バッテリーやドライバッテリーはよく20時間容率などで容量を表記していますが、今回容量測定テストは30Ahの容量に対して、10Aの放電テストを行った結果となります。容率時間でいうと3時間容率となり、20時間容率よりも厳しいテストなります。

それでも結果は30Ah以上という容量測定結果となっています。

弊社バッテリーSE12750の小型版

 

 

 

このバッテリーは弊社で販売している、SE121000やSE12750の小型版となっています。

過充電保護機能、過放電保護機能ももちろん備わっています。

8.8V付近で過放電保護装置が働く事により、バッテリーの過放電を保護してくれます。

 

また、放電電流値もこの小型バッテリーにしては大きい50Aまで対応しています。開発は魚探用として、3Aほどの使用電流値を想定していますが、多様使用が可能なようにBMSを設定しています。

いろいろな使用方法に対応が出来るバッテリーとなっています。

 

また重量も2553g(約2.5kg)です。

持ち歩くにも大変便利なバッテリーとなっています。

 

*エレキモーターような最大負荷電流値が50Aほど使用される電化製品へのご使用はお控え下さい。

理論上は使用できることになりますが、リチウム電池の場合、1C以上の放電電流(30Ahのバッテリー場合は30Aの放電電流)でのご使用はリチウム電池に大きな負荷を与えます。

1Cを超える電化製品への使用はお控え下さい。

 

バッテリー構成について

◆端子(ターミナルについて)

このバッテリーの端子はM6のメスになっています。

魚探等でご使用いただく方はM6M8変換ボルトがありますので、それをご使用いただくと便利です。

また車用の端子を装着する事も可能です。ワニ口クリップ等でバッテリーに接続される方はこちらがお勧めです。

 

◆充電器について

弊社のリチウムディープサイクルバッテリーのSE-12750、SE-121000をご使用の方は、充電器を改めて購入する事は不要です

お使いの充電器でご使用できます。SE1230を過放電保護装置作動まで使用し、満充電までの充電時間は2時間15分程です。

 

 

◆インジケーターについて

弊社インジケーターSE207-BI、EV209-BIインジケーター両方ともご使用いただけます。

 

 

 

発売は来週となります。

バッテリー単体価格:29,800(税抜)

バッテリー+充電器セット価格:41,600(税抜)