刀を磨く!!

GSX1100S KATANA備忘録

放置されていたGSX1100S KATANA!!ガソリンも腐り、ヒューエルラインの洗浄も必要なほど悪コンディションだが、春先に向けて再生計画が始まりました。

ガソリンの劣化がこれほど進めばバッテリーの劣化も進んでおり、完全にバッテリーは使い物にならない状態に・・・・・・・・

 

そこでこれを機にバッテリーを鉛からリチウムバッテリー変更です!!

今回のように長い間の放置期間があっても耐えうるように、自己放電の少ないリチウムバッテリーを選択したとの事です。

しかし、車両側に暗電流があってはリチウムバッテリーだって放電します。

そこで暗電流をカットするために、弊社のバイク用カットオフスイッチを同時に装着します。

あと心配なのは車両側のジェネレターの作動状況。充電電圧の確認が必要です。

アイドリング時14.1V前後、4000回転程で14.3V制御され個以上は上がらず!ジェネレターは完ぺきな仕事をしてくれています。

リチウム電池の適応電圧は13.5V以上14.6V未満となります。

このエアクリーナーボックスの下にバッテリーを装着するKATANA。

バッテリーへのアクセスは決して楽ではありません。

バッテリー交換を行うのもめんどくさいはずです。

そこで役に立つのが前述したバッテリーカットオフスイッチです。

取り付ける場所を決めて、大体のアース配線の長さを決めます。スタンダードモデルの40cmを選択(10、20、30、40cm選択可能)

フレームに括り付けてここに設置。シートも開けずにエアクリーナーボックスも取らずに、ダイヤルを回せばカットオフが簡単にできます。

このリチウムバッテリーとカットオフスイッチの組み合わせで、バッテリー上がりから解消されます!!

 

取材協力:BLAZE

株式会社

エヴォルテックジャパン

 

お問い合わせ

info@evoltec-japan.com

電話: 03-5875-6515

住所:〒124-0022

東京都葛飾区奥戸4丁目11番9号